先輩社員の声

一流の技術者になるために「人間性を磨く」

この仕事の楽しさ・醍醐味、嬉しいことなど、就職活動されているみなさんが気になるところをインタビュー式で先輩に聞いてみました。参考にしてみてください。

「時間を掛けずに良いモノを作る」

菊川貴男

氏名
菊川 貴男
職種
ハードウェア設計開発
出身学科
電子系

今の仕事内容を教えてください

主に車のメーターを開発するにあたっての、開発補助装置や検査装置の設計・製作を行っています。製作品は、市販するわけでもなく、数量も少ないので電子部品、電気部品、機構部品を利用してハンドメイドで造りあげていきます。自分の世界に没頭出来ますね。

入社までにやっておいた方が良いと思ったこと

入社までというわけではないのですが、文書を作ったり、説明したり、資料の内容を理解したりと、国語的な力も必要になると思うので分野を問わずいろんな本を読むといいと思います。
私自身、苦手な部分なので読書の必要性を痛感しています。

普段こころがけていること

「時間を掛けずに良いモノを作る」
形のある製品に限らず、書類でも何でも、時間を掛ければ出来は良くなると思うので、如何に外観も中身も良いモノを短時間で作れるかということ。

プライベートはどのように過ごしていますか

天気が良い時は、テニス、ゴルフ、スノボ、温泉、買い物、洗濯等。
天気が悪い時は家に篭ってのんびりしています。

「やりとげた時の達成感が醍醐味」

海野文彦

氏名
海野 文彦
職種
システム評価
出身学科
農学部 農芸化学科

今の仕事内容を教えてください

製品のシステム評価を行っています。
システム評価は、設計・開発の終了した製品の品質確保のため、第三者的な観点で最終のテストを行う業務です。
時には出荷間際の製品、時には試作初期段階の製品と、いろいろなアイテムをテストしています。

入社までにやっておいた方が良いと思ったこと

業務について、お客様と直接打ち合わせる機会があるので、挨拶や応対など最低限のビジネスマナーは覚えておいてほしいです。あとは製品である組み込み機器の特性上、ソフトウェアが専門ならオームの法則や電子部品の役割、ハードウェアが専門ならC言語入門などを勉強しておくと役立つと思います。

仕事の楽しさ・醍醐味、嬉しいこと

システム評価は、開発プロセスの一番最後のテスト、ここで不具合を見のがした場合は市場クレームに発展してしまいます。責任は重大だし、隠れているバグを探さなきゃ・・・と、この、肩にずっしり重い仕事をやりとげた時の達成感が醍醐味でしょうか。
あとは、新開発の製品を誰よりも早く動かせること。

プライベートはどのように過ごしていますか

最近、学生時代の友人とフライフィッシングをはじめました。
これがなかなか難しく、初釣行では、木の枝と藻が釣れました!
車やバイクも好きなので、整備と称してバラバラにしたり、あてどないドライブを楽しんだりしています。

「人の話をまず聞く(否定から入らない)」

山本和紀

氏名
山本 和紀
職種
システム開発
出身学科
電気・電子系

今の仕事内容を教えてください

組み込み系のソフトウェア開発
社内のプロセス改善とQA
社内のネットワーク管理
社内の庶務…etc

システムソフィアを選んだ理由

学生時代、卒業生を囲む会という、卒業生が企業に就職し活動されている状況を語ってもらう座談会のようなものがあり、その席に現在勤めている会社の先輩が出席しており、仕事の内容を聞いて面白そうだと思ったから。
営業系の仕事はやりたくなかったので、籠もってシコシコと物作りができる仕事が自分には良いなぁと思っていたから。

普段こころがけていること

急いでいる時ほどミスを誘発しやすいので「急がば回れ」「愚直に」を念仏のように唱えて確認を怠らない
思いつきで事を進めるのではなく、論理的に考えて事を進める
なるべく人を巻き込む(3人寄れば文殊の知恵)
上司への報告はまめに行う(上手くいっていない時は特に)
人の話をまず聞く(否定から入らない)

プライベートはどのように過ごしていますか

仏の教えを体感すべく、仏像彫刻、巡礼の旅へ行っています。